中井校長先生・各担当者から教育・経営方針、学園の取り組み、2020年度入試の変更点、今年度入試結果、大学進学状況などの説明を受けました。

雲雀丘学園中学・高等学校は、「豊かな人間力」と「高度な学力」を兼ね備えた「自立型人間」を育成します。2019年4月入学生より中学コースは一貫探究コースに、高校コースは文理探究コースに変更しました。

大学合格実績としては、卒業生313名で国公立大学に148名(現役122名)・関関同立には301名(現役238名)が合格しました。6年一貫コースの50%が現役で国公立大学に合格しています。

中学受験において志願者は822名でした。A日程午前の受験者は221名で合格者は154名、合格点は187点(300点満点)でした。A日程午後の受験者は380名で合格者は241名、合格点は120点(200点満点)でした。B日程の受験者は204名で合格者は99名、合格点は200点(400点満点)でした。A日程午前・午後受験者は114名で午前不合格で午後合格は2名でした。併願校としては三田学園100名、大教大附属池田67名、神戸大附属66名などです(アンケートより)。

2020年度中学入試の変更点としては、アラカルト入試を導入します。

第1日目午前入試は、3科(国150・算150・理100)×1.25、または4科(国150・算150・理100・社100)のどちらか高い点で判定します。

第2日目午前入試は、3科(国150・算150・理100)、または英語入試(国150・算150・英60・英面接40)での受験となります。英語に関しては英検3級程度の文法・会話表現から出題します。

また、英語検定取得者・海外帰国生への優遇、奨学金制度・返金制度があります。

今後としては、中学校オープンスクールを7月21日・9月21日、高等学校オープンスクールを7月27日・10月27日、文化祭9月7日などに予定しています。

http://www.hibari.ed.jp

さらに詳しい内容は、甲陽ゼミナールにて説明いたしますので、連絡の上お気軽にお越しください。