吉田校長先生の挨拶に続き、各担当者から2020年度入試結果・2021年度新しくなる学び・入試・進路状況についての説明を受けました。キリスト教精神に基づき、他者への愛と奉仕の精神を備える自立した女性を育成する事を建学の精神としています。大阪で一番歴史のある女子高で142周年を迎えています。また、2021年度より高等学校に「アートデザイン マンガ・イラスト専攻」を新たに設置いたします。

中学校入試結果としては、140名の受験者があり139名が合格し、進学チャレンジコースに71名・舞台芸術エレガンスコースに35名、合計106名が入学しました。

高等学校入試結果は、専併合わせて534名の志願者があり7コース併せて325名が入学しました。併願での入学者は74名でした。

中学校は、進学チャレンジコースと舞台芸術エレガンスコースの2コース編成です。進学チャレンジコースは、授業に積極的に参加できる少人数クラス・独自のカリキュラムときめ細やかな学習指導・さまざまな行事を通じて自分を見つめることを学びのポイントにしています。舞台芸術エレガンスコースは、充実の講師陣による本格的なレッスン・日々の授業を通じて豊かな人間性を育む・感動を与える舞台人になるための6年間をサポートすることを学びのポイントにしています。

高等学校はリベラルアーツコースとアドバンスコースの2コース制になり、それぞれのコースに総合進学・国際教養・こども保育・調理、製菓・舞台芸術・アートデザイン マンガ、イラスト・特進S・医療看護の専攻を設けます。コース・専攻の変更は1学年末に可能です(カナダ留学のため国際教養への変更はできません)。

進路状況にについては303名の卒業生のうち241名(79.5%)が4年制大学に進学し、例年90%以上の生徒が4年制大学・短大・専門学校に進学しています。国公立大学としては滋賀大学・大阪市立大学・神戸市看護大学などに進学しています。充実した指定校枠として160校約740名(昨年度)があります。また、梅花女子大学には学内推薦で進学でき、入学検定料・入学金免除・授業料免除の制度があります。

2021年度中学校入試については、進学チャレンジコースと舞台芸術エレガンスコース合わせて約60名の募集です。またコース変更は学年末に可能です。試験日程は一般入試として4回あり複数回受験の場合受験料は1回分だけです。また、A1日程にEnglish入試を実施し、50分の英語の試験と個人面接を行います。その他入試の学力考査は国語と算数の2教科で両コース共通問題で、個人面接を行います。また各種特待制度があります。

高等学校入試については、リベラルアーツコースとアドバンスコース合わせて約280名となります(内部進学約65名を含む)。学力考査科目は国・数・英の3科目で各コース共通問題で、専願者のみ面接を行います。英検取得級により英語の得点換算(準1級以上100点など)を行います。また、各種特待制度があります。

今後としては、中学校プレテスト・オープンキャンパス、高等学校オープンキャンパス・入試説明会、中高共通学外入試説明会などを予定しております。

http://www.baika-jh.ed.jp/

さらに詳しい内容は、甲陽ゼミナールにて説明いたしますので、連絡の上お気軽にお越しください。